誰でもできるカラス退治

カラスとは、スズメ目カラス科の鳥のうち、50〜60cmと大型でくちばしが大きく、全体的に黒色な鳥のことです。
昔から人間とカラスの戦いは続いており、カラス被害は、生ごみを散らかすこと、威嚇・攻撃してくること、農作物を食害することなど挙げたらきりがありません。


なぜ、カラス被害は無くならないのかというと、カラスが頭のいい鳥だということが挙げられます。



カラス退治の方法を考えたとしても、学習して、それが安全だと理解すると効果が無くなってしまいます。

私たちの生活に悪影響を及ぼすカラス退治をするにはどういった方法が有効なのでしょうか。
意外にもカラスは臆病な性格ですので、基本的には、カラスにとって危険な場所だと認識させるような方法が望ましいです。
例えば、大きな音を出して驚かせたり、デスク糸を使ってベランダに侵入してくるのを防ぐという方法があります。大きな音を出すのはご近所の方に迷惑が掛からないように実践してみてほしいですが、デスク糸を使うことはとても有効です。ひと工夫として、糸にCDやモールなどの反射物を付けることで、カラスの視界に入りやすくなりさらに効果を発揮します。視界の観点から考えると、ごみ袋は中身の見えにくい半透明の袋が有効です。
カラスは視覚を使って行動する生き物ですので、中身を見えなくすることはとても効果があります。



ごみ袋にカラスネットを掛けることで、さらにカラス退治の効果があります。


このように、カラス退治をするには、まずはカラスの特徴を理解することから始める必要があります。



理解することで、また有効な手段が見つかり、いつかはカラス被害が無くなることを願うばかりです。


情報分析

カラスによって庭が荒らされてしまったり、ゴミなどを撒き散らされてしまったりと困っている人も多いでしょう。しかし、カラスはとても頭が良い生き物です。...

more

暮しのテクニック

コウモリとは、脊椎動物亜門哺乳網コウモリ目に属する動物の総称です。特徴としては、超音波を用いた反響定位を行うことが挙げられます。...

more

最新考察

部屋に入ると同時に侵入するこうもり。ネズミやネコと違い飛ぶことから、逃すのも簡単ではありません。...

more

暮しの基本知識

春から秋にかけての夕方、街中の空にはこうもりが飛んでいるのをよく見かけます。昼間は住処にじっとしていて、夕方からエサを取るために活動を始めます。...

more